音楽全般

「モーツァルトよりメタリカを聴け!」脳科学者・中野信子が語る天才が好み、天才を育む音楽

投稿日:

テレビや雑誌などでおなじみの脳科学者・中野信子氏の最新著『メタル脳』が2019年1月30日(水)に発売決定し、早くもメタル業界で大きな話題となっている。

本書のポイントをプレスリリースから少しだけご紹介致します。

これまで肩身の狭い想いをしてきたメタラーにとって非常に興味深い内容となっています。

ヘヴィ・メタルは「天才が好み、天才を育む音楽」

重く激しいサウンドとダークな世界観で熱狂的なファンを生む一方、その音楽性やスタイルゆえに世間から疎まれがちなヘヴィメタル。

しかし様々な研究によって、このサウンドが持つ“効能”やファンの特性が明らかになった結果、世界中の科学者からポジティブな評価を得るに至っています。

その特徴を端的に表すと「天才が好み、天才を育む音楽」であるということ。

“良識的”な人々が眉をひそめるヘヴィメタルには、認知機能や知的好奇心、ストレス耐性の向上など、知育に欠かせない数々の効果が認められるのです。

自らも幼少の頃からヘヴィメタルに親しんできた中野が、これらのユニークな先行研究を紹介するとともに、自身の経験も織り交ぜつつ「天才のための音楽」のメカニズムを解説します。

脳科学・心理学的な縦横無尽のアプローチを重ねた末、中野の考察はヘヴィメタルが果たすであろう社会的役割にも到達します。

著書『メタル脳』で解説されているポイント

幸せホルモン「オキシトシン」の影響から読み解く、脳とメタルの幸福な関係

脳に効く劇薬(メタル)が子供を守り、天才を育てる

・ヘヴィメタルは孤独や不安を癒やし、自己評価を下げない
・ヘヴィメタルはストレス耐性を上げ攻撃性を和らげる
・ヘヴィメタルは世の中の欺瞞を見抜く強い「個」を育む
・ヘヴィメタルは世間に流されない“非社会性”が身につく
など

脳科学者・中野信子先生について

中野 信子(なかの のぶこ、1975年 - )は、日本の認知神経科学者、評論家。

東京都出身。東日本国際大学特任教授。株式会社ビッグベン所属。MENSAの元会員。旧名は原信子。学位は博士(医学)(東京大学)。

東京大学工学部応用化学科を1998年に卒業。

東京大学大学院工学系研究科修士課程、東京大学大学院医学系研究科医科学専攻修士課程を2004年に修了。

東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程を2008年に修了。博士論文「高次聴覚認知における知覚的範疇化の神経機構 fMRI・TMSによる複合的検討」で博士(医学)の学位を取得。

フランス国立研究所ニューロスピン(NeuroSpin。高磁場MRI研究センター)に博士研究員として2008年から2010年まで勤務。2013年、東日本国際大学客員教授。横浜市立大学客員准教授(2015年10月まで)。2015年、東日本国際大学特任教授に就任、現在に至る。東日本国際大学での主要担当科目は「脳科学基礎論」。

引用:Wikipedia

『メタル脳  天才は残酷な音楽を好む』
著者:中野信子
定価(本体1,389円+税)
発売日:2019年1月30日
発行:KADOKAWA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
gearheadzworld

Gearheadz World 編集部

機材や音楽の魅力を広める情報メディア。製品レビューや、最新ニュースなどワクワクする情報を発信しています。 お問い合わせはこちらからお願い致します。

-音楽全般