エフェクター

【伝説のエフェクター】Klon Centaur(ケンタウロス)を弾き比べ!

投稿日:2018年12月7日 更新日:

今回はいつもお世話になっている、東京 中野の歪みエフェクター専門店 ヒズミ屋さん全面協力のもと、あの伝説のエフェクターKlon Centaur(ケンタウロス)の弾き比べを行いました。

Gearheadz World 編集部
クローンやインスパイア系は弾いた事がありますが、本物を試奏するのは初めて!

Klon Centaur(ケンタウロス)について

ビル・フィネガン氏のサイン

KLONケンタウロスは、 1990年から1994年の間にビル・フィネガンによって開発され、1994年から2000年の間に約8,000台が製造されました。

製造を中止した後はコレクターズアイテムとなり、2014年ビル・フィネガンは「KTR」という名前で同じエフェクターを販売しました。

KTRはオリジナルのペダルと同じ回路を特徴とし、同じゲルマニウム・ダイオードをサウンド・シェーピング回路の中心に置いていますが、表面実装技術を採用しているため、大量生産に適したモデルとなっています。

使用アーティスト: Jeff Beck、Andy Summers、Keith Urban、John Mayer、Black Francis、Peter Frampton、Warren Haynes、Mike McCready、Stone Gossard、Nels Cline、Lee Ranaldo、James Hetfield、Britt Daniel、Joe Bonamassa、Joe Perry、Trey Anastasio、Philip Sayce、PEACH、Nick Valensi、Jason Isbell、Mike Ness、Josh Klinghoffer、Tomo Fujita、Tak Matumoto

出典:Wikipedia

製造時期によって絵柄やサウンドが異なる

初期型 GOLD ロングテール

GOLD ショートテール

Gearheadz World 編集部
ゲインを0にしてバッファ/ブースターとして使用してみると、凄く自然に持ち上がる感じがしました。

SILVER ロングテール

SILVER 最終ロット(絵柄なし)

Gearheadz World 編集部
ゴールドよりもシルバーの方がゲインとドライブ感が強い印象を受けました

筐体内部

Gearheadz World 編集部
筐体内部は樹脂でモールドされており、配線類は非常にスッキリとしていました。

本物のケンタを試奏してみて

皆さんご存知の通り、ケンタウロスのクローンやインスパイア製品、自作キットが世の中には沢山出回っています。

操作性の良さや、良くできた回路設計である事は間違いないのですが、それ位以上に人を夢中にさせる「何か」があると感じました。

正直に言うと、音を太くしたいのなら帯域も調整できるしEQ等でいいんじゃないか?と思ってた部分がありますが、凄く自然に太くなる事に驚きました。

良いか悪いかは別として「EQではこうはならない」と妙に納得してしまいました。

バッファやブースターとして使うも良し、もちろんドライブサウンドも上品でパワフル。

世界中のミュージシャン達から支持される理由が良く分かりました。

弾き比べ動画

【撮影協力】ヒズミ屋

〒164-0001
東京都中野区中野3-34-30 ニューフナバシヤビル5F

JR中野駅 南口改札を出て徒歩2分

地図 (Google MAPに飛びます)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
gearheadzworld

Gearheadz World 編集部

機材や音楽の魅力を広める情報メディア。製品レビューや、最新ニュースなどワクワクする情報を発信しています。 お問い合わせはこちらからお願い致します。

-エフェクター

Copyright© Gearheadz World , 2019 All Rights Reserved.