ギター

元JUDAS PRIEST、K.K. DOWNINGのギターが驚きの値段で落札

投稿日:

元JUDAS PRIESTメンバーのK.K. Downingが所有する1967のフライングVが、ロンドンのオークションに出品され、落札価格が話題になっています。

このフライングVは、JUDAS PRIEST初期のアルバム"Sad Wings Of Destiny" から "Point Of Entry" までメインギターとして使用された物だそう。

インプットジャックはステージで投げられた際に破損し、オリジナルの物から交換されている。

2000年代初頭にGibsonが再販モデルの製作に使用するために、このギターの詳細な測定を行いました。

落札価格は約102,000ドル

国際オークションハウスBonhamsは、2018年12月11日にK.K. Downingの11本のギターを販売しました。

このフライングVの当初の推定額は12,000〜14,000ポンドでしたが、約102,000ドル(日本円で約2100万円)で販売されたそうです。

また、"Turbo"や"Screaming For Vengeance"ツアー時のMarshallアンプヘッド、エフェクター、レザージャケットのペアも販売されていました。

Gearheadz World 編集部
2,000万越えは凄い!

落札されたフライングVのスペック

画像出典:Bonhams

Ken(K.K.)ダウニング/ Judas Priest:ギブソンフライングVギター

1967年、 マホガニーボディ、レッドリファイニング、ツインピックアップ、3ボリューム/トーンコントロール、3方向セレクタースイッチ、ドットマーカー付きローズウッド指板、Kluson Deluxeペグ、不明瞭なシリアル番号

出典:Bonhams

K.K. DOWNINGはJUDAS PRIESTの創設メンバー

伝説的なギタープレイの数々。メタルの歴史を作ってきた重みを感じます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
gearheadzworld

Gearheadz World 編集部

機材や音楽の魅力を広める情報メディア。製品レビューや、最新ニュースなどワクワクする情報を発信しています。 お問い合わせはこちらからお願い致します。

-ギター

Copyright© Gearheadz World , 2020 All Rights Reserved.