アンプ エフェクター

【FAT】世界的なロックバンドを支えるクルーが凄過ぎる

投稿日:2018年11月28日 更新日:

日本を代表する世界的ロックバンド、B'z

彼らのプレイを影で支える敏腕クルーチームをご存知だろうか?

その名も「FAT」(注:読みはファットではなくエフ・エー・ティー)

楽器・機材のケアやセットアップはもちろん、アンプやエフェクター、ギター等の開発も手がける。

今回、編集部Tが個人的に撮りためたFATのプロダクト写真を、ギアヘッズのためにシェアしたいと思います。

美しい純白のアンプヘッドとキャビネット

周辺に設置されているアンプもFAT開発によるもの

ここまで美しいギターアンプがかつて存在したでしょうか

アンプヘッド裏面はオープンになっていてチューブの交換が容易にできる

ペダルボードにはオリジナルエフェクターや、モディファイされたBOSSのボリュームペダルが整然と並ぶ

今や定番となった、スイッチャー等に取り付けるカラフルなフットスイッチカバーも、考案し具現化したのは恐らくFATが最初のように思います。

FATが開発するエフェクトペダルは、全てオリジナルの筐体に納められていますが、かつて320design、OvaltoneなどもこのFATオリジナル筐体を使用していた事がありました。

ステージ上で見ると神々しささえ感じます。(写真:Blue Note Tokyoにて編集部T撮影)

スタジアムクラスのショーでは、アンプの壁が登場します

過去にツアーで使用したセットなど

今回は世界的なロックバンドを支えるクルー、FATが開発するプロダクトの数々をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

FATのホームページや一部の楽器店では、実際にこれらの製品を購入する事ができます

(コンシューマー向けに生産されたラインではなく、実際にミュージシャンが使用している物と同一の製品)

Being inc FAT Div. オフィシャルページ

また、FATが管理するKEIHINJIMA LABのfacebookページでは、FATの開発情報やイベント情報を入手できます。

販売されていないアンプなど、近くで見れるチャンスがあるかもしれません。

気になる人はぜひチェックしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
gearheadzworld

Gearheadz World 編集部

機材や音楽の魅力を広める情報メディア。製品レビューや、最新ニュースなどワクワクする情報を発信しています。 お問い合わせはこちらからお願い致します。

-アンプ, エフェクター

Copyright© Gearheadz World , 2019 All Rights Reserved.